京都祇園祭 ヘッダ画像

タグ「有料観覧席」の一覧

有料観覧席つきの祇園祭見物ツアー


祇園祭を桟敷席またはイス席より見物」
「【有料観覧席プラン】先着88名様限定!祇園祭 山鉾巡行・宵山」
などというツアーがあるのがクラブツーリズム
祇園祭ツアー
クラブツーリズムの大好評祇園祭ツアーをチェック
※ ↑クラブツーリズムのサイトの右上の検索窓に「京都祇園祭」と入れて検索すると最新のツアーが見つかります!
クラブツーリズムには、東京発・神奈川発・名古屋発の祇園祭のツアーがたくさん用意されています。


祇園祭の桟敷席とはどこのことかちょっとわかりませんが、初めての方にとっては席があるというのは安心なことだと思います。

2度目なら席無しで自由に歩くのもいいものですが、まずはちゃんとその場に連れて行ってくれる祇園祭ツアーを選ぶのは賢明な選択です。
知らなければ、人ごみの中でアップアップしながら鉾の先っぽを見て終わりということもありますからね...。


クラブツーリズムのサイトの右上の検索窓に、「京都祇園祭」と入力して検索すれば、その年の最新のツアーが見つかります。
クラブツーリズムの大好評祇園祭ツアーをチェック
便利な「考え中ボックス」などを活用してうまくツアー選びをしましょう。

中部・東海発/関東・首都圏発のツアーはやはり充実しています!
九州発・東北発・北海道発・関西発の祇園祭ツアーもあります。(年によってはないこともあります。)

祇園祭「宵山」「山鉾巡行」の他に、嵐山での京料理や貴船の川床料理とセットになったり、伊勢神宮や伊吹山とセットになったりと、夏の旬を味わえるツアーも。


宿泊はホテルグランヴィア京都、東横イン四条大宮、ダイワロイネットホテル京都四条烏丸など。
少し離れて琵琶湖畔の大津プリンスなどの場合もありますが、連れて行ってもらえるので心配はありません。




祇園祭のツアーではなく、有料観覧席のチケット単体を買う場合は、以下のような購入方法があります。
販売開始は6月の前半。
料金は1席 3,180円 (2017年の場合)
辻廻しがよく見える特等席「辻廻し観覧プレミアム席」は、9,000円。
発券手数料やチケット配送料金などがプラスされる場合がありますので、購入前にご確認ください。

【店頭で祇園祭有料観覧席を購入】

  • ローソン

  • ミニストップ

  • セブン-イレブン

  • サークルKサンクス

  • ぴあ

  • ファミリーマート

  • JTB

  • 近畿日本ツーリスト

  • 日本旅行

  • 京都市観光協会河原町三条情報コーナー(京都朝日会館1F)

  • 京都総合観光案内所(JR京都駅2F)
  • 【インターネットで祇園祭有料観覧席を購入】

  • 旅の発見ティー・ゲート

  • チケ探

  • 当サイト厳選!歩いて祇園祭を楽しむためのお宿をチェック!
    チェック 歩いて祇園祭を楽しむために押さえたいホテル・旅館はこちら

    祇園祭の有料観覧席

    祇園祭の有料観覧席は1席 3,100円。
    全席指定で、パンフレット・日除け帽子(チューリップハット)などが付いてきます。
    雨の日は使い捨てのカッパをもらえます。
    予約受付は例年6月の上旬にスタートし、毎年完売します。
    場所は御池通り(市役所前から新町通りまでの北側&南側)

    ただし、有料観覧席といっても通り沿いの良い位置にパイプ椅子を並べたシンプルなものですから、過度の期待は禁物です。
    有料観覧席
    7月17日は陽が照っていれば、強烈な日差しと紫外線が降注いでいますし(特に御池通りの北側はひどい!)、雨模様なら京都特有のジメジメ不快な暑さに包まれます。もちろん屋根はないのでズブ濡れです。

    祇園祭の有料観覧席
    個々の日射対策は必須!(チューリップハットはもらえますが)


    その過酷な環境に4時間ずっと座り続けるのは我慢大会みたいなものです。
    様子を見ていると、耐えられなくなって席を立つ人がかなりおられ、実際、巡行の後半にはガラガラ状態になっています。

    辻回しのあたりや綱切り、札改めの場所は見物客でごったがえしますが、御池通までくると歩道は広々していますので、観覧席がなくとも、ぶらぶら買い食いしたり、日陰を見つけて入りながらでも山鉾巡行はゆっくり見物することができます。


    わたしの回りでは「3,100円ってのはありえない」という人が多いです。
    ただ、祇園祭が初めてでどこで見ていいのか、どこへ行ったらいいのかわからないという方には席があることは大きな安心かと思います。


    当サイト厳選!歩いて祇園祭を楽しむためのお宿をチェック!
    チェック 歩いて祇園祭を楽しむために押さえたいホテル・旅館はこちら

    このページの上部へ